2012年2月7日 / 旬のオススメ野菜

水菜と原産地

20120206水菜水菜…京菜とも言います。
原産地は日本です。

ざっくりと野菜の本を見ていたのですが、原産地が日本となっている野菜は
水菜、うど、タラの芽、ふき、ふきのとう、のびる、三つ葉 でした。

旧石器時代にはチョウセンゴヨウの実やコケモモ、サルナシ、ヤマブドウ、キイチゴ、野生のイモを食べていたようです。
元来、日本列島には作物化できる野菜が乏しかったらしく、自生する植物から成立した作物はふき、わさび、うど、やまのいもなどごくわずかのようです。

それが「原産地日本」が少ないわけだったようです。

その貴重な水菜、今までは小さめのサラダ水菜をお届けしていましたが、この水菜はお鍋にしたり、炒め煮などにすると美味しい水菜です。


This article has 2 comments

  1. うみちゃん Reply

    こんにちは。
    水菜は日本原産なんですね。知らなかった…
    昨日いちご農家さんにいろいろお話を聞いて来ました。おいしいいちごを食べてもらうために、おおにし農園のトマト達みたいに何度もハウスの開け閉めをされているそうです。そうやって真心込めて作られた野菜達を私は食べてるんだなぁと。
    農家さんたちに感謝しつつ、知らずにいた自分を反省しました

  2. おおにし農園 Reply

    コメントありがとうございます。
    イチゴ農家の方のご苦労はすごいと思います。
    傷みやすい果物ですから収穫にも気を遣うと思います。
    イチゴ大好きですが、我が家ではなかなか上手にできません。
    早起きヒヨドリに食べられてしまって食べられない年もありました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です