2010年1月27日 / クッキングメモ

ネギの酢味噌和え

ネギの酢味噌和え葱、ねぎ、welsh onion について

中国では紀元前から栽培され、日本には奈良時代に渡来したといわれています。

古くから薬用野菜として利用されていました。
白い部分はビタミンCが多く、緑の部分は緑黄色野菜で、カロテン、カルシウム、ビタミンKが豊富です。

香りの成分アリシンはビタミンB1の吸収を助けて、血行促進、疲労回復、殺菌などの効果があります。

う~ん なるほど冬に最適な野菜ですね。

 ねぎの酢味噌和え

①ねぎを3㎝くらいに切ってゆでます。冷やしてください。
②油揚げはさっと焼きます。(ホイルの上にのせてオーブントースターでOK)
③油揚げも3㎝くらいに切ります。
④ごま、みりん、酢、砂糖、お味噌で酢味噌を作ります。
⑤後は和えるだけです。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です