2016年3月24日 / 作業日誌

春のうすすり

20160328春のうすすり120160328春のうすすり2

お米が穫れるのは秋です。
ですから、もみから玄米を取り出すのは秋の農作業のはずなのですが…

保存するのにもみのままの方が味が落ちないとのことで、この時期までもみのままで保存していました。

毎年、お米が足りなくなっていましたが、今年は十分ありますのでいっぱい食べてくださいね。

20160328すももの花220160328ピンクのコブシすもものつぼみと、ピンクのコブシです。

あまりにきれいだったので、納屋の入り口に飾りました。

壺はかつてお味噌を作って保存していたものです。

 

20160328すももの花壺

 


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です