2012年3月18日 / 旬のオススメ野菜

トレビス

16 - コピー14 - コピー薄緑色にえんじ色のてんてんはカステルフランコです。

15 - コピー11 - コピーこれは赤丸トレビスと葉っぱの細長いオデッキオです。

これらはヨーロッパ原産のチコリの変種で赤チコリ、ラディキオでトレビスです。

トレビスはフランス語で、イタリアではラデッキオ、アメリカではイタリアンレタスと呼ばれています。
紫キャベツに似ていますがトレビスはキク科でキャベツはアブラナ科ですので全く違った野菜です。

味はレタスよりもしっかりしていてキャベツよりも柔らかく肉厚ですがすがしい苦みがあります。(すがすがしいってよくわかりませんが、サラダに混ざっているとサラダがしまる気がします。)

加熱すると苦みが増して、色も抜けるので生がおすすめです。
苦みを楽しみたいときには鶏肉などと焼くのも…

普段の食生活になくてはならない野菜ではないのですが、食卓が華やかになったり、話題を提供してくれたり、「苦い」なんて言いながら笑える、そんな野菜も大切なのでは…なんて


This article has 1 comments

  1. は~ぶしょっぷ香器 Reply

    早速お店でのサラダに3品種とも使わせて頂きお客様から、驚きのお声を頂きました。
    少し苦みがあるのがユニークでさすがニガナの仲間だと感心致しました。
    根っこごと植えさせて頂きましたので、安心してお客様に食べて頂けることとなりました。
    また面白いお野菜ガンバッテ下さい。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です