2012年1月22日 / つぶやき

野菜くずの話

おおにし農園の畑の片隅にこんもりと野菜の山があります。
枝豆の時期には緑の山になり、白菜やキャベツの時期には薄緑のやまになります。

折れた大根、虫のかじった白菜、二股になったにんじん、亀裂の入ったラディシュ、収穫しすぎて数日たった野菜などこの山に捨てられます。

もちろん、家ではそのような野菜を精一杯食べているのですが、食べきれないのが現状です。

散歩で通る方がもったえないね…食べられそうなのに…なんてつぶやきます。

20120122野菜くず宅配が終わった後このコンテナーに3箱ほど捨てることになります。

この山は数ヶ月から1年後には堆肥になり、土になっていきます。
栄養たっぷりの土になります。

かぼちゃを捨てたのかな…春に芽が出てかぼちゃが収穫できることがあります。
ちょっとうれしい野菜くずの山です。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です