鶏と林檎の白ワイン煮込み

鶏と林檎の白ワイン煮込み

4 人前

材料

鶏骨付きもも肉 (3つにぶつ切り) 4本
りんご (皮をむいてみじん切り) 大1/2個
玉葱 (みじん切り) 1/2個
セロリ (みじん切り) 1本
にんにく (みじん切り・つぶす) 2片
トマトの水煮 (ざく切り) 200g
白ワイン 200cc
酢(穀物酢やリンゴ酢など) 50cc
バター・塩・胡椒・パセリ・ミックスハーブなど

作り方

  1. 鶏肉300g以上に対して塩小さじ1、胡椒小さじ1/3を振る。 皮目よりも身の方に塩を多く擦り込む。 20~30分常温に置く
  2. バター大匙1で玉葱・セロリ・にんにくのみじん切りを炒めておく。
  3. 大きなフライパンにつぶしたにんにくとオリーブ油少量を温め、鶏肉の皮目から強めの中火で全体にきつね色になるよう焼く。 蓋はしない。
  4. りんご、2.を加え、トマト、白ワイン、酢を入れて強火にし、アルコール分と酸味を飛ばしてから蓋をして弱火で30分ほど煮込む。途中煮汁を鶏にかける。お好みで茹でたインゲン豆を加えて煮込む。マイルドなソースになれば火を止め、食べる前に弱火でゆっくりと温めなおす。
  5. あればハーブ(タイム、オレガノ、ミックス)ひとつまみを加えて軽く煮、パセリを散らす。 写真では芽キャベツを添えてみました。

コメント

煮込み時間が焼く30分だというのに、まるで圧力鍋で煮込んだかのような驚きの柔らかさ。

骨と身がほろりと離れます。酢の力?鶏肉は、骨付きだと身が縮まずに仕上がります。

もも肉、胸肉、手羽元肉でもお試しいただけると嬉しいです。

オリーブ油少量でソテーしてからスープやパスタに添えるとよりキャベツの甘みを感じられます。