2010年9月23日 / 作業日誌

種まき時期

9/23種まき大根、カブ類 レタス系、タマネギなどの種まきが連日の作業です。

カブとか、大根は気温が下がった頃がまき時なんです。

夏の間は根菜類が無かったのでとても楽しみです。

今、ハウスキュウリがとても美味しいです。
お漬け物、サラダにいかがですか?
11月上旬までお届けできます。

朝2時間、夕方2時間の水かけが、この雨で作業時間が短縮されました。
ありがたい雨でした。
でも稲刈りになったら晴れて欲しいと思うんです。
自己中、わがままでごめんなさい。


This article has 2 comments

  1. LaRuche Oda Reply

    お疲れ様です。
    急に寒いくらいになってきました。
    これからの農産物への影響はどうなるんでしょう。
    全国の農家のみなさんのお話を伺うと、
    2週間~1ヶ月くらいの遅れが出ているようです。
    北や標高の高いところほど、収穫の時期に影響が出ています。
    北海道のトウモロコシなどは1カ月近く収穫が早く終わってしまっています。
    関東でもマンゴーやバナナなどトロピカルフルーツを作り始めた農家の方もいらっしゃいます。
    その地方、土地の『旬』も分からなくなってきてます。
    魚介類も海流に変動があり海水温が高く、ホタテやサンマなどにも影響が出ていますし、身が締まった透明感のある魚が揚がらないそうです。
    また、聞くところによると10年前(当社を立ち上げた頃)の魚沼地方の平均気温と現在の札幌の平均気温が同じだそうです。
    10年後を想定した農作物を選択し、栽培していかなければいけない時期にそろそろ来ているのはないかと考えさせられてしまいます。
    次世代以降の子孫は大変です。
    少しでも何か役に立つことが残せたら…なんて事も良く考えるようになりました。

  2. おおにし農園 Reply

    三田でも昔から作っていたお米の品種を変えて行かなくてはならないようです。
    どうしても目の前の作業に追われて広く、深く見ることができなくなっています。
    もっと長いスパンで農業を考えていかなくてはなりません。
    考える農業が課題です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です