2012年2月29日 / つぶやき

いたずら

20120229カラス20120229かじり白菜20120229かじりキャベツ 
 
 
 
 

 

いたずらカラスが残り少ない白菜とキャベツを食べに来ます。
困ったもんだと言いながら対策をしないおおにし農園です。

カラスも冬場野菜不足なのかなあ。
カラスも自然の一部、自然の力を借りながら農業をさせていただいていますからお返しなのかな。

いたずらといって思い出したことがあります。
スタッフが子どもだった頃、50年近く前の話ですが…

小学校の帰り道、キャベツ畑でのできごとです。
雨が止んだ後なのか傘を持っていたようです。
その頃の傘は頭が金属でできていました。
その傘でキャベツを突き刺しながら帰ってきたそうです。

農業を始めてからキャベツを育てる大変さを体験して、そのいたずらの重大性に気がついたようです。
今になってお詫びのしようもありませんが申し訳なかったといっていました。

「50年前キャベツをダメにしてごめんなさい。」


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です